ペットの安置方法

ペットが亡くなったら

 用意するもの

○ ご遺体が入るくらいのダンボールやプラスチックボックス
○ ビニール袋
○ 新聞紙
○ バスタオル
○ ドライアイス・氷・保冷剤

 

ペット火葬納棺のイメージ

ペットちゃんの死後硬直は、予想より早く手足から始まります。遺体を放置しておくと、前・後肢がつっぱったまま硬直してしまい、 棺に収まらなくなる可能性があります。ペットちゃんが亡くなられたら、前・後肢を胸の方へやさしく折り曲げて、丸くなるようにしてあげて下さい。

ペット安置 毛並みのイメージ

毛並みを整え、まぶたや口を閉じ尻尾を整えておきましょう。まぶたが閉じない場合は長時間手を添えてあげて下さい。(それでも閉じない場合もあります。)
お湯で湿らせた布などで、顔、頭部そして全身をやさしく拭き取ります。
ご遺体から体液が出る場合がありますので、腹部を圧迫しないよう注意して下さい。あらかじめシートを敷いて、体液が出た時は口や肛門周辺をガーゼで拭き取ってください。

暑い季節は遺体の傷みが早い為、保冷剤をタオルにくるんで腹のあたりにあたるように一緒に入れます。
亡くなると体温が下がり、ノミが逃げ出そうとするので、ペットちゃんをバスタオルなどでくるんであげて下さい。体温が下がりきった頃合を見計らって寄生虫の移ったタオルを捨て、 新しいものに交換します。

ダンボールを用意して底に新聞紙を重ねてひいて下さい。保冷剤を全体に置きご遺体を入れて下さい。一緒に生花や生前愛用していた物など入れてあげると良いと思います。

以上、この状態で安置してあげて下さい。
納棺後、ダンボール、バスタオルなどはビニール袋に入れ処分してください。

ペットラブ

ペット火葬専門のペットメモリアル 癒苑では、ご遺族様の希望に合わせた 火葬プランをご用意しております。
詳細な内容につきましては、ペットメモリアル 癒苑までお気軽にお問い合わせください。

tel